グッドノージョブ

43歳無職から介護士へ。起業、転職、失業、全てを経験した「ままる」が語る「幸せな生き方」とは?

スポンサーリンク

アンジャッシュ渡部建(44)佐々木希(29)の結婚発表は、もうすぐ44歳になる僕に大きな希望を与えてくれた。

こんにちは、4月から現役介護士になった、ままる@mamaru0911です。

お笑い芸人「アンジャッシュ」の渡部建(44)と、モデルの佐々木希(29)が昨日TVの生放送で結婚を発表しました。

渡部建 佐々木希との結婚発表 | 2017/4/9(日) 21:40 - Yahoo!ニュース

いずれも有名人同士の結婚で、さらに佐々木希は言わずと知れた、日本を代表する美人モデル。

世間で多くの話題になっているこの結婚について、もうすぐ44歳になるままるが語ります。

今日はそんなお話です。

marriage

アンジャッシュ渡部建とは

アンジャッシュ」として相方の児嶋一哉とコンビを組む、大人気のお笑い芸人です。

最近では特に「グルメ・美食家」としての地位を確立し、多くのグルメ番組に出演する一方「美味しいお店」のアテンド王としても知られ、著書も多く出版されています。

 

 

 

 

また、渡部建は「褒め芸」という独自のジャンルを確立。 美味しいお店はもちろん、企業や商品、映画などの「良さ」を全面に押し出した「褒める技術」で「ホメ渡部」としての芸人としての地位も確立しています。

 

 

以前何かの番組で、渡部氏本人が

「僕はひな壇でのフリートークで、他の人気芸人のような面白い事が言えない」

「だから他の人がやらないジャンルを探す必要があった」

のような事を言っていました。

つまり現在の「渡部建」の仕事のジャンルやキャラクターは、自身の弱みをしっかり理解した上で、強者揃いのお笑い芸人の中で「生き残る為に」戦略的に生み出された、コンセプチャルな産物だと言えます。

この彼の発言をテレビで見た時に、もの凄く人間的なひとだなぁと感心しました。

「お笑い」って、どこか先天的な才能を使ったタレントが多い訳です。

そんな中「平凡」な自分が生き残るためには、計算された「戦略」が必要なんだというところは、まさにプロだと思います。

佐々木希とは

もう多くの説明は不必要なほど、日本で有名なモデルです。

最近では女優としても活躍中で、ユニクロの「ブラCM」でも話題になりました。

多数の出演作品がある佐々木希ですが、僕が彼女の作品の中で一番好きなのがこれ。

 

こちらはAmazonプライムビデオで視聴できます。

こちらはAmazonで2747円で購入できます。

この作品、軽い内容のバラエティーだと思ったら大きな間違いです。

佐々木希の絶妙な演技も相まって、現在の若者の心模様をうまく現した名作です。

 

40過ぎの男性が結婚に向く理由とは

渡部建は44歳、佐々木希は29歳、15歳の歳の差婚です。

芸能人では珍しくない歳の差ですが、渡部氏の年齢が僕と同世代とあって、勝手に親近感を覚えます。

男って、40歳過ぎてから結婚するのが実は正解なんじゃないかって思います。

僕自身、20代30代と「起業」という自分の夢をひたすら追いかけて行きて来ました。

今考えると、その夢は単なる「妄想」に過ぎず「若さ」とは「妄想」さえも「夢」という原動力に変えて生きていける、素晴らしいものだと思ってしまいます。

実際自分の20代30代の時は、ほとんど自分自身のことなんて分かってなかった様な気がするんですよね。

40歳をすんでようやく、本当の自分の姿や人生の生き方が少し見えて来た様な気がします。

そういった意味でも、40過ぎの男性ってさすがに完成されているような気がします。

なので結婚をのぞんでる「アラサー女子」にとっての優良物件になり得るのは、実は40代の男性だと思います。

渡部氏が佐々木希におくったプロポーズの言葉

番組の中で「プロポーズの言葉は?」という質問に渡部氏は

「必ず長生きしますので、僕と結婚して下さい」

と言う様な内容の言葉を言ったとのことです。

これ、すごい分かります。

僕も40歳を過ぎて、急に自分の体調の変化を感じました。

この体調の変化、一言でいうと「老化」です。

40歳を過ぎると、30代では微塵も感じなかった「老化」をモロに感じるのが男性です。

渡部氏の「15歳差婚」に対する意気込みが感じられる言葉です。

そうですよね。

若い奥さんをもらって、先に死ぬ訳にはいきませんから。

なんかこの辺の感覚が、自分ととても近くて単純に

「いいプロポーズの言葉だなー」

って思っちゃいました。

まとめ

芸能界を代表するビックカップルの誕生ですが、僕自身と同じ世代の結婚とあって、エントリーにさせて頂きました。

実際問題、40歳を過ぎて結婚出来る男性の割合は

1.2%

というデータもあります。

まさに100人にひとりですね。

その数字だけを見ると、40すぎの我々おじさんは絶望してしまいますが、同世代の渡部氏の結婚は、僕らに大きな希望を与えてくれました。

もちろん渡部氏が日本を代表するような美人モデルと結婚できたのは、彼が成功者だったからです。

しかし彼の成功も、僕が知る限り本当に努力の賜物なのです。

渡部氏自身が

「自分は面白い事を言えない」

という悩みにぶち当たっていた時期があり、それを乗り越えたからこその今があるのです。

40歳をすんだから結婚できない訳では無くて、人生に前向きで生きる為に必死で頑張っている人は、いくつになっても魅力的だと思います。

渡部氏の結婚は、なんだかそんな事を考えさせてくれました。

 

こっちもよろしくベイベー!
こっちのブログでは、介護福祉・医療のお話を分かりやすく発信しています。
介護士ベイベー