グッドノージョブ

43歳無職から介護士へ。起業、転職、失業、全てを経験した「ままる」が語る「幸せな生き方」とは?

スポンサーリンク

リュック男子急増!男子が今一番欲しいPCが入るスタイリッシュでリーズナブルなオススメおしゃれリュック集

こんにちは。無職から派遣看護助手に転職した、ままるです。

今「リュック男子」が人気ですよね。

かく言う僕も、日々リュックを愛用しています。

ほぼ毎日ノートPCを持ち歩くので、移動の時はリュックが便利なのです。

最近ではビジネスマンでも、リュックを持ち歩く事がポピュラーになってきました。

リュック男子の魅力は、便利さだけでなく実は健康にも良い影響があることをご存知でしょうか?

今日はそんなお話です。

tread lightly

リュック男子とは

近年「リュック女子」から火が付いて再びトレンドアイテムとして注目されている「リュック」。

最近では学生や若者だけでなく、ビジネスマンのリュック需要が激増しています。

その理由で一番多いのは「ノートPC」の存在でしょう。

 

一日中、鞄の中にノートPCを入れて、街を営業で回るのは実はとても重労働です。

リュックに入れてしまえば、両手がフリーになりますし、両肩で重量を支えるので、手持かばんに比べて遥かに体力的な負担は減ります。

最近では、ノートPCの運搬をコンセプトに盛り込んだ、防水性が高く衝撃にも強い、おしゃれなリュックが次々発売されています。

その「おしゃれさ」も手伝って、リュック男子が急増しているというわけです。

僕がリュックをおすすめする一番の理由

スポンサーリンク
 

僕が仕事でも、プライベートでもリュックを使い始めて数年経ちます。

それ以前は、ブリーフケースのような片手で持つタイプのビジネスバックを利用していました。

僕が長年使っていた、ブリーフケースを辞めてリュックに切り替えた一番大きな理由、それは

腰痛

です。

腰痛の原因は色々ありますが、大きな理由のひとつとして「骨盤のゆがみ」があります。

よく言われていることですが、座る時に足を組むくせのある人は、大概骨盤にゆがみが生じていますし、腰痛持ちの確立が高いです。

それは足を組む時に、多くの人は右か左かどちらか一方に偏るんですね。

その結果、骨盤がゆがみ、体幹が崩れ腰痛に発展します。

人間の身体は、左右が均等という状態が一番好ましいとされます。

しかし日々の生活で、どちらか一方を偏って使っていると自然とその方向に体幹は崩れていきます。

ビジネスマンが日々利用している「ブリーフケース」。

右手か左手か、どちらかの手で持つ人が多いと思います。

右左を均等に持ち分けている人はかなり少数派ですよね?

どちらかに偏ると、当然体幹は崩れて腰痛の原因になります。

まさに僕の場合、この「ブリーフケース」が原因で腰痛になったといっても過言ではありません。

数年前にリュックに切り替えてからは、身体のバランスが良くなり腰痛も軽減されています。

リュック男子には「腰痛予防」という実はとても大きなメリットがあるのです。

僕が欲しい人気リュックラインナップ

最近では様々なブランドから「リュック男子」向けの商品が発売されています。

ビジネスマンがリュック選びのポイントにしたいのは以下の三つのポイント。

  • ノートPCが濡れない防水性
  • ノートPCが保護される衝撃吸収性
  • スーツでもおしゃれに見えるデザイン性

世の中には目移りするほど魅力的なリュックがありますが、上のポイントを踏まえた上で、今僕が欲しいと思うリュックを厳選してみました。

インケース バックパック

この商品はAmazon12300円で購入出来ます。

僕が一番欲しいリュックはこれです。

インケース社は、Apple社公認のバックパックを生産しているアメリカのメーカーです。

現在の「リュック男子」のトレンドは、インケースのリュックから始まったと言っても過言では無いでしょう。

Apple製品を運ぶにふさわしい設計。防水性と衝撃吸収性に優れ、何よりデザインシルエットが卓越しています。

インケース社の製品であれば、スーツにも合うシンプルでスタイリッシュなアイテムが見つかるでしょう。

ザ・ノースフェイス シャトルディバックスリム

この商品はAmazon12900円で購入出来ます。

天下のアウトドアメーカー「ザ・ノースフェイス」のリュックです。

その防水性、衝撃吸収性は言うまでもありませんが、ノートPCを入れる為に設計されたポケットも使いやすく、リュック内部の整理整頓が簡単に出来ます。

様々なタイプが発売されていますが、僕はこのスリムタイプをおすすめします。

リュックはどうしてもアウトドアのゴツゴツしたイメージに成りかねませんが、このデザインならシンプルスリムでスーツや普段着にもバッチリです。

マムート バックパック

この商品はAmazon10842円で購入出来ます。

こちらもアウトドアメーカーでは有名な「マムート」のリュックです。

スイス発祥の老舗ブランドですが、登山用のダウンやジャケットが特に有名なブランドですね。

マムートも様々なリュックを発売していますが、このバックパックはとりわけスタイリッシュでおしゃれです。

他人と差を付けたいリュック男子には、超おすすめな逸品です。

グレゴリー スケッチ22

この商品はAmazon15120円で購入出来ます。

グレゴリーのリュックは、街ではもっとも見かけると言っていいくらいの人気商品です。

それゆえラインナップも豊富で、実に様々なタイプが発売されています。

その中でも特におすすめなのが「スケッチ22」です。

シンプルでスリムなシルエットは、スーツにも合います。

リュック男子の中でも、このリュックを背負ってるひとは「あ、この人わかってるなー」と思ってしまうようなおしゃれリュックです。

パタゴニア バックパック

この商品はAmazon8316円で購入出来ます。

パタゴニアのバックパックも、こんなスリムでシンプルな物も発売されています。

値段もリーズナブルで、使用感も抜群。

リュック男子初心者にはおすすめのアイテムですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どのメーカーも多彩な機能やデザインのリュックを発売しています。

タウンユースとして、さらにビジネスマンが使用するとなると、あまり大きく無くゴツゴツしていないものを選ぶ事がおしゃれ感を演出するポイントになると思います。

リュックの容量は、それぞれのニーズにもよると思いますが、街での見た目だけを考えると、20Lから25Lくらいのものを選ぶのがコツです。

今年は使い慣れたブリーフケースを辞めて、リュック男子デビューしてみてはいかがでしょうか?