グッドノージョブ

43歳無職から介護士へ。起業、転職、失業、全てを経験した「ままる」が語る「幸せな生き方」とは?

スポンサーリンク

新入社員はスーツよりもブリーフケースにこだわれ!超おすすめ人気ビジネスバッグブランド最新版

こんにちは。無職から派遣看護助手に転職した、ままるです。

もうすぐ春ですね。

春と言えば「新入社員」フレッシャーズが街に溢れる季節ですね。

電車の中などで新入社員らしき若者を見かけると、20年も昔の自分のフレッシャーズ時代を思い出して、涙が滲むのは毎年の恒例になっています。

新社会人としてやる気に満ちている若者を見ると、なんだかこちらまで元気が出て来るものです。

今日はそんな僕が、今年の新入社員を応援企画として今日のエントリーを書きます。

新社会人のマストアイテム「ビジネスバック」。

特に日々の通勤に使うようなコンパクトなものは「ブリーフケース」と呼ばれています。

スーツや靴にばかり気が向いて、おざなりになりがちなビジネスバック。

こだわらずに買うと後々になって後悔するのが「ビジネスバックあるある」です。

適度な収納力と耐久性、そしてセンスあるブランドチョイスで春から新入社員、新社会人になる男性の役に立てれば嬉しく思います。

Businessman

ブリーフケースとは

ブリーフケース(英: briefcase)とは、の一種で、「書類用鞄」の意。

名の通り、書類を入れるための鞄であり、薄い箱形をしている。ビジネスマンが持つことが多く、書類だけでなく、その他携行品を入れることもできる。A4サイズの書類が入るのが望ましいとされている。金具の付いた足場があると倒れにくい。皮革が多いが、人造皮革ナイロン製も近年使われている。

ブリーフケース - Wikipedia

「ブリーフケース」はいわゆる「書類かばん」と解釈されることが多いですが、薄型のものである必要は必ずしもありません。

 

ビジネスマンとして会社に務めるようになると、何かと持ち歩くものが増えていきます。

なのであまり薄型のブリーフケースだと、その収納キャパが足りなくなる可能性があります。

さらにあまり大きいブリーフケースになると、今度は野暮ったく見えてしまいます。

基本的に「出来るビジネスマン」は、自分の持ち物に関して「ミニマリスト」である必要があります。

仕事上必要な道具は、ビジネスマンにとっての「武器」です。

「武器」は足りなくなっては戦いになりませんし、多すぎては戦闘の邪魔になるものです。

イケてるビジネスマンは、自分の仕事道具に関して「取捨選択」がしっかり出来ているもの。

そう言った観点からも、ブリーフケースには「最適な大きさ」が求められるのです。

新社会人がスーツよりブリーフケースにこだわる必要がある理由

良い意味でも悪い意味でも「新社会人」はそれとハッキリわかる見た目をしています。

初々しさと言う面では構わないのですが、新入社員でも一歩社会に入ると立派な「ビジネスマン」なわけです。

その会社の名刺を持って、日々街を歩くのにやはり「素人」「学生」感が抜けていないのはどうかと思います。

僕らのようにベテランビジネスマン(おじさん)から見て、新入社員に目立つ見た目の特徴は以下の通り。

  • スーツを着慣れていなくスーツに着られている。
  • シャツが新品過ぎてカッチカチ。
  • ブリーフケースがイケてない

スーツやシャツは、着ている間に馴染んで来るので実はあまり重要ではありません。

問題なのは「ブリーフケース」。

新社会人の男性のほとんどが、あまりこだわらずブリーフケースを買ってしまうんですね。

しかもそのブリーフケースは数年使う訳です。

新入社員から数年間も「イケてない」状態でいるのは悲しいものです。

しっかりこだわったブリーフケースを手に入れて、新社会人のスタートを切りましょう。

新入社員が購入すべきハイセンスブリーフケース集

お待たせしました。

新社会人として恥ずかしく無く、その後も数年使い続けられる耐久性と「ちょうどいい」収納力をあわせ持った「ハイセンス・ブリーフケース」をご紹介します。

予算的には少々値が張るものもありますが、良いブリーフケースは10年使えます。

ハイセンス・ブリーフケースを手に入れて、春からの新社会人生活をライバルに一歩差をつけようじゃないですか。

吉田カバン【ポーター】2WAYブリーフケース

 

この商品はAmazon18360円で購入出来ます。

鞄ブランドとして超メジャーな「吉田カバン・ポーター」の2WAYブリーフケースです。

手持ちと肩掛けの2WAY型は、ビジネスバックとしては定番の形です。

さらにこの大きさの収納キャパがあれば、日常の仕事道具の収納には困りません。

多くの荷物を運ぶ必要がある日は、肩掛けバージョンで。

通常の軽い荷物の通勤は、手持ちバージョンで。

多くのビジネスシーンでも馴染みやすい定番商品です。

サムソナイト ブリーフケースS

この商品はAmazon12852円で購入出来ます。

日本ではまだまだマイナーな「サムソナイト」ですが、アメリカでは非常に有名なブランドで長期に渡って絶大な人気を得ています。

僕も以前アメリカで購入したサムソナイトのブリーフケースを10年近く使っていました。

耐久性は折り紙付きです。

小ぶりですがPCも収納出来て、日常のビジネスシーンにスタイリッシュに溶け込みそうな逸品です。

サムソナイトのラインナップは、もう少し高価なものが多い中、この商品はとてもリーズナブルだと思います。

BERMAS バーマス ブリーフケース

この商品はAmazon15120円で購入出来ます。

BERMAS「バーマス」はドイツ発祥のブランドで、オリンピックのドイツ代表の公式スーツケースにも採用された実績のあるドイツでは有名な人気ブランドです。

テフロン加工された、高強度ポリエステルのボディーは耐久性抜群。

日々闘うビジネスマンの強い見方になってくれそうですね。

マンハッタンパッセージ スリムブリーフケース

この商品はAmazon14040円で購入出来ます。

日本でも超メジャーで大人気のバックブランド「マンハッタンパッセージ」のブリーフケースです。

柔らかめの素材ですが耐久性もあり、このスリムでシンプルなデザインは新入社員の軽快なイメージにピッタリです。

肩肘張らない雰囲気が好感を持てる逸品です。

アルファインダストリーズ ビジネス3WAYブリーフケース

この商品はAmazon12744円で購入出来ます。

「アルファ」と言えば一世を風靡した「MA-1」で有名な軍ものアイテムを得意とするブランドです。

特筆すべきはやはり軍ものに通ずる耐久性。

さらにこの3WAYタイプは「手持ち」「肩がけ」「リュック」と必要シーンに対応します。

収納力も高く、急な出張でも対応出来そうです。

まさに仕事への「気迫」を感じるブリーフケース。

新社会人からこれを持っているなんて、相当「出来る男」ですね。

グレゴリー ショルダー2WAYブリーフ

この商品はAmazon15120円で購入出来ます。

言わずと知れたアウトドアブランド「グレゴリー」の2WAYブリーフケースです。

アウトドアブランドのバックの特徴は、何と言っても軽さと耐久性です。

さらにこの商品はカラーバリエーションも豊富です。

このブリーフケースを持った新入社員…

なんてハイセンスなんでしょう。

アウトドアだけでなく、タウンユースでも大人気のグレゴリー。

プライベートでも使える超お洒落アイテムです。

ビジィ・ビーバー made in Japan コンパクトブリーフ

この商品はAmazon17280円で購入出来ます。

ビジィ・ビーバーとはあまり聞き慣れないブランドですが、日本製の最近口コミで評判のブランドです。

日本製らしく「かゆい所に手が届く」仕様が好評価の逸品。

人気が出る前に先物買いはいかがでしょうか?

シンプルで長く使えそうな商品ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

新社会人になると、スーツや靴など何かと準備に慌ただしいと思います。

そんな中で「ブリーフケース」は後回しにされがちですが、実はビジネスマンにとって非常に重要なアイテムなのです。

いよいよ社会に出る直前のこの季節。

是非「イケてる」ブリーフケースを持って、社会人初日から頑張って下さい!

 

※当サイトでご紹介している商品は、その品質を保証しているものではありません。

ご購入の際は各販売サイトにて詳細をご確認下さい。

 

こっちもよろしくベイベー!
こっちのブログでは、介護福祉・医療のお話を分かりやすく発信しています。
介護士ベイベー