グッドノージョブ

43歳無職から介護士へ。起業、転職、失業、全てを経験した「ままる」が語る「幸せな生き方」とは?

スポンサーリンク

初心者ブロガーがブログで稼ぐ為に|PV収益を上げられるヒット記事を書く方法

こんにちは。無職から派遣看護助手に転職した、ままるです。

いよいよクリスマスが終わってしまいました。

悲しいです。

寂しいです。

 

なぜかって?

僕の6カ月間で、一番のヒット記事の賞味期限が切れたからです。

今日からアクセスは激減です。

しかしこの記事のおかげで、初心者ブロガーがブログで稼ぐ方法が、僕なりにわかりました。

今日はそんなお話です。

Worry

初心者ブロガーの僕が立てた目標

初心者ブロガーであれば、まずはGoogleアドセンスを取得しますよね。

【2016年最新版】43歳のおじさんでもGoogleアドセンスの申請通過したよ - グッドノージョブ

さらにAmazonアソシエイトを取得します。

その両輪で収益を上げて行く人がほとんどだと思いますし、実際僕もそうです。

Googleアドセンスの収益は、1PV=0.3円 を基準とすると、Googleアドセンスの月間最低振込額の8000円を毎月稼ぐには「月に3万PV」つまり一日1000PVほどが求められます。

初心者ブロガーがまず目指すのは、このラインではないでしょうか?

 

実際僕もGoogleアドセンスを取得した今年7月当初、一日のPVは30とか50PVでした。

7月の月間PV数は850PV程度。

これが一日1000PV、月間で3万PVに届かせるなんて、夢のまた夢の話でした。

 

なのでその当時、僕は2つの目標を立てました。

①2016年の年末まで6カ月間ブログを毎日更新する。

②2016年の年末までに1日1000PV、月間3万PVを達成する。

というものです。

当時はAmazonアソシエイトなんて、まったく売れる気配も無かったことから、Amazonアソシエイトはあくまでも付加的なもの、という位置づけで、GoogleアドセンスAmazonアソシエイトの両方で、月の収益が一万円に届けばよし、という思いでブログを毎日更新して来ました。

ハテブ依存のブログ開設初期

スポンサーリンク
 

はてなブロガーであれば、気になるのが「はてなブックマーク」ですよね。

僕もブログ開設から3カ月間くらいは、毎日「ハテブが付けばいいなー」と思っていました。

実際に運良くハテブがいくつか付いて、それによってPVが伸びたことを経験すると、ますます「ハテブ依存」が高まって来ます。

「良い記事を書く」

というよりも

「うまくハテブが付く記事を書く」

そういった思いがあった時期がありました。

そんなこんな、迷走を続けていると

8月=3700PV

9月=8000PV

とジワジワPVは上がって来ました。

このペースで12月までいけば「目標は達成出来る」という手応えを感じ始めました。

しかし、その感覚を良い意味で裏切られたのは、10月に入ってからです。

Google検索で一位が取れた

ブログ開設から、3カ月間毎日更新して100記事を超えた辺りから、Google検索の1ページ目に表示されることが起こりはじめます。

最初にGoogle検索で、上位を取ったのはこの記事です。

横浜【点滴異物混入殺人】について現役看護師に犯人像を聞いてみた - グッドノージョブ

「点滴」「殺人」のキーワードで大手ニュースサイトを上回るという現象が起こりました。

この現象をきっかけに、Google検索を意識した記事を書き始めます。

10月に入ると

【電通社員過労自殺】報道されない「本当の電通」の闇 - グッドノージョブ

イオンが初開催「ブラックフライデー」が日本で定着する気がしない - グッドノージョブ

など、立て続けにGoogle検索上位記事が誕生します。

さらに追い打ちを掛けるように、この記事が良く読まれました。

2016ハロウィンin渋谷「美人コスプレ画像」を撮影してきた! - グッドノージョブ

ハロウィン記事では、ブログ開設以来はじめてのデイリーで5000PV越えを経験し

10月=25000PV程度と、12月に達成するべき目標をクリアしてしまいました。

トレンド記事を書きまくる

Google検索を意識した記事を書いて行くと、そのコツみたいなものが体現できるようになります。

とは言え百発百中とはいかず、思ったように順位が上がらない記事の方が多いですが、自分の狙ったキーワードで上位表示させる方法が少しずつ分かって来たような気がしました。

11月は「トランプアメリカ大統領」ネタと「クリスマス」ネタでPVを稼ぎました。

この頃にはもう「ハテブ」への思いは一切ありません。

もちろん読んで頂いた感想を頂くことは、大変嬉しく思いますし感謝の念でいっぱいです。

結果として「ハテブ」を頂くことは大歓迎ですが「ハテブ」をもらう為に記事を書く、という思いは無くなった、ということです。

11月はトレンド記事を書きまくったおかげで、6万PV弱までPVが伸びました。

ヒット記事の重要性

なかでもグッドノージョブ一番のヒット記事がこの記事です。

2016クリスマスプレゼント!彼女が喜ぶハイセンスでも一万円以下【Amazonで今すぐ買える厳選集】 - グッドノージョブ

「クリスマス」というシーズントレンドにはまり、常にGoogle検索で上位に君臨した、グッドノージョブ史上間違いないヒット記事です。

Amazonアソシエイトも連動し、12月の注文は300件以上、コンバージョン率は8%を超えています。

このたった一記事のおかげで、今月のPV数はすでに先月を大きく上回っています。

しかし、これもまたシーズントレンドの宿命。

クリスマスが終わってしまった今日からは、一気にPVが激減しています。

悲しいですが仕方が無いことです。

「シーズン」という大きなテコで底上げされる社会現象は

また「シーズン」という移り変わる時間軸で移動して行くものです。

ブログ初心者が稼ぐにはヒット記事を生み出すしか無い

圧倒的にストック記事の量が少ない、ブログ初心者が短期的に稼ぐには「ヒット記事」を生み出すしか方法はありません。

3年間、毎日ブログ更新を続けて1000記事のストック記事を保有した場合、一記事3PVでも月間で3000PVという土台になります。

しかし100、200程度の記事数では、それなりに「ヒット記事」がなければ大きなPVは稼げないという結論に達しています。

逆に言うと「ヒット記事」さえあれば、ブログ初心者でも充分ブログで稼ぐことは可能、ということです。

ヒット記事の書き方

では、ヒット記事の具体的な書き方は?

残念ですが、そこに正解は無いようです。

もちろん様々な手法や知識は必要です。

ですが最終的にGoogle検索の順位を決めるのは、他でもないGoogleです。

そのアリゴリズムがブラックボックスである以上、決定的な方法は無い、というのが本当のところです。

しかし、毎日記事を書いていると、なんとなくですがヒット記事への道筋が見えてくるような気もします。

しかしこれは僕自身の「感覚」的なものですから、皆さんにお伝え出来るようなレベルのものではありません。

今の所皆さんにお伝え出来るのは、ヒット記事を生む方法はかなりの割合で「運」に頼っている、ということくらいです。

アーティストはヒット曲を量産できるのか

ヒット曲を量産出来るアーティストはどれほどいるでしょうか?

もちろん皆無ではありませんが、ほんとうにごく限られた人達ですよね。

世の中のほとんどすべてのアーティスト達が「ヒット曲」を目指して曲を作っています。

ですがその中で「ヒット」するのは本当にごく一部。

これもまた「運」の要素が多いのでは無いでしょうか?

もちろん「良いもの」を作ることは大前提です。

それを作り続けて行くうちに「ヒット」に運良く当たるひとが、収益としてプラスをもたらすということなのだと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「ヒット記事」とは言っても、もちろん僕自身の「ヒット記事」の話です。

世のブロガーの中には、僕が足ものとにも及ばない「ヒット記事」を量産している強者も数多く存在します。

ですが、43歳のおじさんでも6カ月間毎日ブログを更新し続ければ、一記事だけですが「ヒット記事」を生み出すことが出来たんだよ、ってお話です。

これもまた「一日一更新」の恩恵なんだと思います。

ブログ初心者のおじさんが毎日更新6カ月という実験を続けた結果 - グッドノージョブ

最終的な収支報告は、12月末が終わってからご報告するつもりでいます。

これからブログを始めよう!

まだブログを始めて間もない!

そんな方々の役に立てば幸いです。