グッドノージョブ

43歳無職から介護士へ。起業、転職、失業、全てを経験した「ままる」が語る「幸せな生き方」とは?

スポンサーリンク

本当に稼げる副業って何?|稼げる副業の三原則を真剣に考えたらアンビットエナジーに行き着いた

こんにちは。ままる@mamaru0911です。

僕がこのブログを書き始めた大きな理由は

この二つです。

ちょうど一年くらい前に始めた「グッドノージョブ」ですが、実際に初めてみるまで「アフェリエイト」という副業を怪しいものだと思っていました。

ネットでは「初めて3ヶ月で月収10万円!」とか「月収100万円達成!」とか景気の良い記事ばかりが目につきますが、実際にやってみて初めてほんとうのところが分かりました。

世間では本業以外の収入を「副業」で稼ごうとしている人は多いと思います。

では「本当に稼げる副業」とはどんなものなのでしょうか?

今日はそんなお話です。

money

「稼げる」を真剣に考える

「稼げる」と聞くと、皆様はどんなイメージを持つでしょうか?

月収10万円

と聞いて「稼げる」というイメージを持つかどうかは人それぞれです。

 

例えば本業で、月収2000万円くらいの人からしたら「月収10万円」は「稼げる」というイメージにはならないはずです。

では月収30万円くらいの人からしたらどうでしょう?

「月収10万円」の副業は「稼げる」というイメージになるはずです。

本業以外に毎月「10万円」のお金が入ってくれば、生活はかなり楽になるのは間違いありませんからね。

ではこの「月収10万円」の副業を探すとします。

カラオケボックスやガソリンスタンド、コンビニ店員などの「アルバイト」

時給1000円×1日5時間×週5日=月収10万円

これはいかがでしょう?

毎日本業が終わってから、5時間別な場所で週5日働くと「月収10万円」は手に出来ます。

しかしこれ「稼げる」というイメージを持てる副業ですか?

自分の時間は限りなく減りますし、なにより単純に疲れます。

「月収10万円」は達成出来ますが、これでは「稼げる」副業とは呼べないと思います。

同じ「月収10万円」であっても、その労力と使った時間によって「稼げる」ものなのかそうでないものなのかか決まると言う事です。

「稼げる副業」というのは

自分の身体を使う=労働⇒以外で稼ぐ収入

で無ければならないことが分かります。

つまり自分がそこにいなくても、もたらされる収入でなくては「稼げる副業」と呼べるものでは無いと言う事ですね。

アフィリエイトは「稼げる副業」なのか

僕は一年ほど前にこのブログを立ち上げ「アフィリエイト」に挑戦しました。

アフィリエイトのメリットは、一旦公開した記事の広告をクリックしてもらう度に課金され、収入が発生するという点です。

この部分だけ見れば、一旦記事を公開すれば「自分の身体を使う=労働」しなくても、お金を稼ぐ事が出来ます。

つまりPVを多く稼げる記事さえ書ければ、自分はほぼ何もしなくても収入が得られると言う「副業」としてはかなり優秀なものだと僕は思います。

実際僕は最高月収として「10万円」に限りなく近い数字を達成しました。

しかしアフィリエイトにも「デメリット」があります。

それは「収入の浮き沈み」です。

書いた記事がGoogle検索に上位表示され、多くのPVを稼げているうちは収入も上がります。

しかしその記事の順位が下がったり、トレンドが終わったりすると収入ももちろん一気に下がります。

一部のカリスマブロガーは別として、僕の様な一般人の場合、普遍的な内容で、かつ検索順位を落とさないような記事を量産出来なければ「収入の積み上げ」になりません。基本的にアフィリエイトは「書き続ける」ことが重要になっています。

つまりアフィリエイトが「稼げる副業」なのかと言えば、

稼げる副業ではあるが長期的に安定して稼ぐ事は難しい。

という結論になるでしょう。

稼げる副業の三原則

ではほんとうに「稼げる副業」とはどんな物なのでしょうか?

イメージとしては「自分がほぼ何もせずに、毎月10万円を確実に稼げる」という副業です。

そこには三つの原則があると思います。

①自分の身体を使う=労働→以外でも長期的な安定収入である

アフィリエイトは、この点が掛けていると言えます。

もちろん長期的に安定して稼いでいるアフィリエイターもいますが、誰しもがそう慣れるわけではありません。

②誰でも簡単に出来る

この点もアフィリエイトに言える事です。

特別な資格や才能を持った人でなければ出来ない仕事であれば、それは「稼げる副業」には成り得ないのは当たり前の事です。

③大きな投資を必要としない

①②をクリアする副業として、まず思いつくのが「不動産投資」です。

単純にアパートやマンションのオーナーになれば、家賃収入として毎月決まった不労所得が入ってきます。

しかし不動産投資をしようとした場合、前提として大きな投資が必要です。

なので「誰でも」というわけにはいかず、一部のお金持ちや資産家に限られる副業になってしまうんですよね。

 

世の中には様々な「副業」が存在します。

しかし上記の「稼げる副業の三原則」をクリアできている副業は、そうそうありません。

しかし最近僕が始めた「電気自由化」を商材としたネットワークビジネス「アンビットエナジー」の副業は、上記の三原則をクリアした新しい副業です。

アンビットエナジーは稼げる副業なのか

アンビットエナジーに関しては、こちらの記事も書いています。

アンビットエナジーの副業は本当に稼げるのか?|電気自由化ビジネスを実際にやってみた - グッドノージョブ

アンビットエナジーは、2006年に始まったアメリカの電気自由化をビジネスとして立ち上がった会社で、たった10年でアメリカの電気小売りビジネスで年商1600億円以上を稼いでいる会社です。

すでに顧客は120万人以上、ダイレクトセリング企業としては、現在世界で13位の実績を誇っています。

そんなアンビットエナジーが、2017年7月25日に日本での電気小売りビジネスをスタートさせました。

実際に僕も自宅の電気料金の支払先をアンビットエナジーに切り替えましたが、僕がアンビットエナジーを副業とすることにした理由は「稼げる副業の三原則」に合致していたからです。

①自分の身体を使う=労働→以外でも長期的な安定収入である

アンビットエナジーでの副業は

A 電気代の節約をしてもらう顧客を探す

B 「A」の行為をしてくれる仲間を増やす

の二つだけです。

これにより、電気代を節約出来た各家庭から「電気使用の権利」の一部を永遠に貰い続ける「権利収入」が発生するビジネスです。

なので長期的に安定した収入が得られます。

②誰でも簡単に出来る

電気を使っていない人はいません。

日本で電気代を払っている誰しもが、顧客に成り得ます。

またアンビットを世間に広める「仲間」を「コンサルタント」と呼びますが「コンサルタント」になるのも、20歳未満、学生、公務員以外でしたら誰でも行うことが出来ます。

③大きな投資を必要としない

ビジネスを初めるに当たって、初期投資は必ず発生するものです。

このブログをスタートするにも、ドメイン取得費用や毎月のはてなブログへの支払いが発生しています。

アンビットエナジーのコンサルタントとして副業を始めるには

  • 初期登録費用一万円(初回登録時のみ一回だけ)
  • 毎月のウェブ管理画面使用料2500円(毎月)

もちろん家の電気料金を節約したいという顧客になるには、一切の費用は掛かりません。

副業としてビジネスを始めるにあたって、一万円という金額は僕は安いものだと思います。

ちなみに僕は、コンサルタント登録を初めた初日に5000円のボーナスを確定させました。

日本でのサービスを開始したばかりのアンビットエナジーは、8/24までにコンサルタント登録した人に対して、最初の月額費用2500円を無料にするキャンペーンを行っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

正直、アンビットエナジーの副業は「稼げる副業」かどうか始まったばかりですので僕にも現段階では断言出来ません。

しかし間違いなく「稼げる副業の三原則」にのっとってるビジネスなので、僕はコンサルタント登録しました。

現段階では「稼げる」とは断言出来ませんが「稼げる」可能性は充分にあると思っています。

しかもスタートアップの今の時期から関わっておけば、さらに成功の可能性は高いのは事実だと思います。

僕のチームでアンビットエナジーを始めた人は、ビジネスに関してのフォローアップを万全にしていきます。

この記事を読んで、アンビットエナジーに興味をもった方は是非下のフォームからご連絡して下さい。

ビジネスに関する詳細や相談も、随時受け付けています。

いまから一年後、チーム全体で成功していることを今から楽しみにしています。