グッドノージョブ

雑誌LEONには書いていないローコストで「イケてるおじさん=イケオジ」を作る教科書

スポンサーリンク

【2018年大予想】仮想通貨投資が爆発的に流行する5つの理由

こんにちは。ままる@mamaru0911です。

2017年の12月中旬より、いよいよ僕もビットコインをはじめとする、仮想通貨投資をスタートしました。

仮想通貨って初心者のおじさんでも儲かるの?|初めてのビットコイン投資初日の結果 - グッドノージョブ

遅ればせながらはじめた仮想通貨投資ですが、触れば触るほど「これは流行る」という感触を得ています。

僕は現在、介護士として働いていましたが以前は起業して会社を経営していました。

起業とは、あるビジネスに新規で乗り出すことです。

新規でそのビジネスに乗り出すには、それなりの勝算が無くてはいけません。

現在の仮想通貨投資には、そこに乗り出して充分勝算があるいくつかの理由があるような気がします。

僕は2018年、特に日本で仮想通貨投資は爆発的に流行ると予測しています。

今日はその理由を書こうと思います。

※投資を煽る様な記事内容ですが、投資は自分の資産を失う可能性もあります。あくまでも自己責任でお願いします。

Bitcoin and the pumpkin spice latte problem

仮想通貨投資が流行する理由①

そもそも仮想通貨の価値とは?

仮想通貨投資は、株などの証券取引に基本は似ています。(現物取引の場合)

市場(人々)が欲しければ価格は上がりますし、市場が欲しく無ければ価格は下がります。

「価値」という意味では、株と仮想通貨には大きな違いがあります。

 

株には、その会社の持つ売上や利益、技術や将来性など様々な指標から弾き出された「一応基準になる価格の指標」が存在します。

投資家は社会的な情報や、その会社のIR情報などからその会社の現在の株価が「高いか安いか」を判断し、「安い」と思ったら「買い」ます。

そう言う市場(人々)が厚くなれば、その会社の株価は上昇して行きます。

ある価格に到達して、市場が「この会社の株価はこの辺が上限だ」と判断すると、株価は下がって行きます。

仮想通貨投資も、株取引と全く同じ原理で「安く買い」「高く売る」が含み益を得る基本的な行動です。

しかし仮想通貨には、企業の株価のような「一応基準になる価格の指標」が存在しません。

市場に「買いたい」と思う人が「売りたい」と思う人以上に存在すれば、仮想通貨の価格は上昇し続けます。

極端な話し「お金が欲しく無い」という人は世の中にはいません。

「仮想通貨投資で億り人続出!」

とか

「元手10万円が一年で1000万円に!」

とかいうニュースが、次々と世の中に出るに伴って仮想通貨市場には新規ではじめる人が続々と増えるでしょう。

その数は仮想通貨投資で大損して、市場から退場して行く人よりも遥かに多いはずです。

2018年に、仮想通貨投資が爆発的に流行する理由の一番目は

「仮想通貨市場が益々大きくなる」

ということです。

仮想通貨投資が流行する理由②

仮想通貨はインターネットそのもの

仮想通貨投資をはじめる時に、一番最初にしなくてはならないのは「取引所口座の開設」です。

まずインターネット上で、日本円が入金出来る「取引所」に登録しなくては仮想通貨投資ははじまりません。

日本国内で人気の取引所はいくつかありますが、僕自身はじめて作った取引所口座は、出川哲朗氏のテレビCMでおなじみのcoincheckです。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

coincheckの利点は「とにかく分かりやすく使いやすい」という点です。

特にスマホ用のアプリの使いやすさはダントツです。

取引手数料は若干高いですが、初心者にはおすすめの取引所です。

他に日本国内で人気の取引所のひとつ「Zaif」も同時に登録しました。

 

 

Zaif(ザイフ)のメリットは、手数料の安さと「積み立て」にあります。

毎月決まった金額で、好きなコインを指定しておくと勝手に取引してくれるというサービスですね。

この「積み立て」システムを行っている国内の取引所は、Zaif 以外に僕は知りません。

取りあえず今月末から数万円ずつ積み立てて行こうと思っています。

仮想通貨投資をはじめるにあたって、まず上記のような「日本円入金」が可能な取引所への登録を行います。(基本的にどこも無料で登録に関してお金は掛かりません)

お気づきでしょうか?

仮想通貨投資はインターネットを通じてしかはじめることが出来ません。

インターネットをネイティブに使いこなしている世代、それは「20代」「30代」です。

Youtuberやブロガー、ツキャス主やニコ生主で活躍しているほとんどの人がこの世代ですし、それを視聴したり使いこなしているのはその世代かさらにその下の世代の人達ですよね。

ネットをニュース検索やたまに動画を見るくらいにしか使っていない、中高年層はなかなか仮想通貨投資をはじめられないのが現実です。

逆に言うと、仮想通貨投資に関しての情報はネット上にすでに溢れています。

2018年、多くの若者達がこぞって仮想通貨投資の市場に押し寄せてくるのはまだまだこれからだと思います。

仮想通貨投資が流行する理由③

仮想通貨投資は小額からはじめられる

「投資」と言うと、今まで縁遠かった人が多いと思います。

その理由の一つは「投資には資本が必要」ということです。

例えば一年間の利回りが7%と言うと、株や投資の世界ではなかなかな高利回りだと思います。

しかし実際は仮に100万円投資して、一年間で107万円です。

100万円という原資があっても、年間で7万円しか増えないんですね。

ところが、1000万円投資すると70万円、一億円投資すると700万円の含み益が得られます。

なにもせずほっておくだけで、年間700万円入ればそれは生活も楽になりますよね。

しかし投資の原資として、一億円用意出来る人は限られています。

その為、大きな資本がなければ「投資」という行為は出来なかったのが現実です。

しかし仮想通貨投資は、1000円からでもはじめられます。

現在、国内の取引所で扱っているコイン(ビットコイン以外をアルトコインと呼びます)は、株で言う所の「一部上場銘柄」です。

それでも値動きは激しく、ビットコインは2017年初頭8万円程度でしたが、2017年の12月中旬には1BTC=220万円になりました。

アルトコインは、日本の取引所で扱っている銘柄だけでなく海外の取引所で扱っているいわゆる「草コイン」を含めると数千銘柄と言われています。

イケハヤ氏も推しているXPは、COINEXCHANGEという海外の取引口座を開設すると買う事が出来ます。

 

COINEXCANGEに今すぐ登録する
イケハヤ氏もおすすめ草コインXPが買える
COINEXCHANGEで無料口座を開設する!

 

「草コイン」は、有名どころの取引所に上場されると数百倍、数千倍に価格が上がるドリームチケットです。

現在価格が日本円で「0.0001円」とかの草コインを一万円分購入した場合、その草コインが「1円」になると、資産は一億円になります笑

株で言う所の「非上場銘柄」ですから、まったく何の価値も付かないまま消滅するリスクももちろんあります。

しかし宝くじを一万円買うより、よっぽど現実的で夢があるのではないでしょうか?

海外の取引所には、上の項目で紹介した日本の取引所から仮想通貨を購入し、送金する必要があります。

流れとしては

日本円→銀行(コンビニ決済なども可)→国内取引所→海外取引所

という流れになり、日本円にして利益確定(利確)する場合は、逆のルートをたどるというわけですね。

ちなみに海外取引所で、取引量最大のBINANCE(バイナンス)には、日本の取引所では扱っていない草コインが100種類近くあります。

 

BINANCEに今すぐ登録する
世界最大の海外取引所で草コインが買える
バイナンスで無料口座を開設する!

 

仮想通貨初心者の方は、まずは日本の取引所での上場銘柄からはじめて、次に海外の取引所にチャレンジ、という流れになるでしょう。

※海外の有名取引所は、現時点で世界中から新規参入者が殺到している模様で、タイミングによっては新規登録を制限している場合があります。

新規登録出来ない場合、数日待つと開放されたりしますので情報収集して下さい。

仮想通貨投資が流行する理由④

仮想通貨の情報源はどこに?

いざ仮想通貨投資をはじめようと思っても、いったいどのコインを最初に買ったら良いか分からない方も多いと思います。

仮想通貨投資に関する日本での最大の情報源は「Twitter」です。

Twitter上で、多くのインフルエンサーが仮想通貨や草コインについての情報をつぶやいています。

ここが仮想通貨投資の面白い所なんですが、一般的に「儲かる話し」は他人にはしないはずですよね?

例えばアフィリエイターが「めちゃくちゃ儲かるアフィリエイト商材」を見つけた場合、Twitterやブログなどでその情報を開示する事はありません。

ライバルが増えれば増えるほど、自分が儲け辛くなるからです。

しかし仮想通貨の場合、多くの人が買えば買うほどその価格は上がる訳です。

その為、インフルエンサーは「一次情報」として海外のサイトなどで情報を収集します。

その中で「これはイケそう」という銘柄に自分で投資します。

さらにTwitterなどで「この草コイン可能性あるんじゃない?」とつぶやく事によって多くの人の目に止まれば、その仮想通貨の価格は上昇し自分自身が儲けられるという仕組みです。

インフルエンサーだけ儲かるだけじゃねえか」

と思っている方はもう少し深読みして欲しいと思います。

そのインフルエンサーの情報は、確かに「二次情報」ですが、Twitterなどのリアルタイム情報でいち早く行動すれば、限りなく「一次情報」に近い「二次情報」が簡単に手に入るのです。

ネットやTwitterにうとい中高年のおじさんに「どうやら〇〇というコインが儲かるらしいよ?」って情報が届く頃には、デジタルネイティブ世代は仕込みが完了しているって図式ですね。

もちろん英語力と行動力さえあれば、海外の情報を独自に集め限りなく「一次情報」に近い情報を自分で収集し実践する事も可能です。

しかし現状である程度成功しているインフルエンサーの意見に乗るのは、僕は効率的だと思っています。

当たり前ですが、それで損したからといってそのインフルエンサーを恨んではいけませんよ。

あくまで行動した自分の自己責任ですので。

つまり2018年に仮想通貨投資が大流行する理由の一つが「Twitter」なんです。

現時点で日本国内のTwitter登録者は5000万人近くいます。

その全てが仮想通貨投資を行うとも思いませんが、日頃Twitterを使っている人からしたら、仮想通貨投資はTwitterと非常に相性が良い投資なんですよね。

仮想通貨投資が流行する理由⑤

誰でも出来る仮想通貨投資

重ねて乱暴な言い方をしますが

「お金を欲しく無い人はこの世の中にはいない」

はずです。

特に最近は「働き方改革」の流れで、したくても残業が出来なかったり、収入自体が減っている人も多いと思います。

多くの人が「副業」的な何かを探しています。

その一つが「ブログアフィリエイト」ですよね。

僕自身「自分の収入アップのひとつになるのではないか?」という理由で、一年半ほどまえからブログを書きはじめました。

しかし正直いってブログアフィリエイトで稼ぎ続けられる人は、ほんの一握りだと思います。

ブログはまず「文章を書く」ことをしなくては始まりません。

僕も最初は、1000文字の記事を書く事で精一杯でした。

しかし人間の慣れとは凄いもので、今では5000文字くらいの記事なら苦もなく書くことが出来ます。

それは一年半という「経験」が生んだ賜物です。

しかし問題なのが、ブログアフィリエイトで成果を出すのはかなりの時間を要するということです。

ブログを書き始めて半年や一年では、ほんとに雀の涙ほどしか収入を得られない人がほとんどです。

実際に僕と同時期にブログをはじめ、明らかに僕より面白い文章を書いていた同期ブロガーのほとんどが、今ではブログの更新を止めてしまっています。

つまり「副業」「お金を増やす」という意味では、ブログアフィリエイトはかなりハードルが高いと思います。

しかし仮想通貨投資はそうではありません。

仮想通貨投資に必要なアクションは、

①取引口座の開設

②取引口座への日本円の入金

③上がりそうな銘柄のコインを買う

④納得いくまで上がったら(又は下がったら)そのコインを売る

の基本四つしかありません。

正直言って、これはある程度の行動力さえあれば誰でも出来ることです。

ブログアフィリエイトの副業は、もう10年以上も前から続いていますが「大流行」したことは無いと思います。

それはブログアフィリエイトに「誰でもが出来る訳では無い」というハードルがあるからです。

仮想通貨投資に限らず、世の中で「大流行」するものは「誰でも簡単に出来る」という前提があります。

そう言った意味で仮想通貨投資は、デジタルネイティブ世代の「サラリーマン」「主婦」「フリーランス」どんな人でも小額から出来るのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

僕は2018年、仮想通貨投資は爆発的に流行すると予測しています。

その5つの理由をまとめると

①仮想通貨市場に人が参入してくれば来るほど、仮想通貨の価格は上がるから

②仮想通貨投資はインターネットそのもの。ネットの市場が益々増えている今、仮想通貨市場も当然大きくなる

③仮想通貨投資は「投資」だけど小額から大きなリターンを狙いにいける

Twitterに慣れている人に仮想通貨投資が相性がいい

⑤仮想通貨投資は、特別な技術やスキルを必要としない「誰でも出来る」ってところ

です。

仮想通貨市場は、市場参入者が市場退場者を上回る限り上昇トレンドは続くと思います。

しかしまだまだ未成熟の市場ですから、本当に何があるか分からないリスクも当然あります。

なので自分の出来る範囲で「最悪失っても良いと思うお金」例えば宝くじを買う様な資金ですね。

その範囲内でするのが、仮想通貨投資の基本だというのは間違いないでしょう。

2018年末にはいったい今の資産がいくらになっているのか…

僕自身は楽しみでしかありません。

まだ仮想通貨投資をはじめていない方は、まずは国内の取引所の口座開設から行ってみてはいかがでしょうか?