グッドノージョブ

43歳無職から介護士へ。起業、転職、失業、全てを経験した「ままる」が語る「幸せな生き方」とは?

スポンサーリンク

【驚愕】男と女の浮気の理由はまったく違った

おしゃれカフェでの女子同士の会話はたいがいゲスな内容

こんにちは。絶賛無職中のままるです。

先日パンケーキが有名なおしゃれカフェで隣の女子二人がお互いの彼氏に関してのガールズトークを展開していました。

会話の中心は

「彼氏の浮気」について。

どうやらショートカットスレンダーなA子の彼氏が浮気をしている模様。A子の愚痴にゆるフワぽっちゃりのB子が相づちを打つという絵に描いたような展開でした。

古今東西問わず問題視される「男の浮気」

では女は浮気しないのでしょうか?

いえいえ

そんなことはありません。

今日はままるの実体験から導き出した

「男と女の浮気のメカニズムの違い」に関して書いてみましょう。

IMG_5060-Editar_mini

 なぜ人は浮気するのか?

恋人や配偶者などパートナーを持ったことのある人の大多数が、この問題に一度は直面した事があるのではないでしょうか?

 

これはもう人類の根源的な疑問です。

「ひと」は複雑な物です。

ですからこの問題の答えを「人間」という前提で考え続けると一生答えが出ないかも知れません。

そういう難しい疑問にぶつかった時、前提を「人間」から「動物」というくくりに広げると意外と答えが見つかったりします。

この謎をとくには「動物から学ぶ」ことが大切です。

「人間」も立派な「動物」なのですから。

あなたは「おしどり」見た事ありますか?

「おしどり夫婦」という言葉を聞いた事があると思います。

kotobank.jpですが肝心の「おしどり」という鳥を見た事がある人は少ないと思います。

f:id:noraneko222:20110131163118j:image

http://d.hatena.ne.jp/noraneko222/20110201/p1

色鮮やかな方が「オス」で地味な方が「メス」です。

確かに仲良さそうに寄り添っていますね。

諸説ありますが、こんな雰囲気から「おしどり夫婦」という言葉が生まれたのでしょう。

ところがこの「おしどり」驚くべき生態を持っているのです。

メスが卵を産み、暖めている間、オスは上の写真のようにメスにぴったりと寄り添い、卵のふ化を待ちます。

しかし卵からヒナがかえるや否や、オスはメスの元を飛び立ち、他のメスを探しに行くんだそうです。

そうです。

よく言われる「オス」の本能。

子孫繁栄の為に次から次へとヤリまくるわけです。

ここまで読んだ女子からは

そんなの知ってるわい

という声が聞こえてきそうです。

では、次の事例はいかがでしょうか?

ツバメのメスの驚くべき生態

みなさんは「ツバメの巣」見た事ありますか?

軒先にみかけるこれです。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/32/87/bdae670d9f6fff769bbe2f46d6c2951a.png

http://blog.goo.ne.jp/okawaraarishige/e/f65b99c3da95cd0a5d166c8856fefe40

ツバメは夫婦になると、まず住処となる「巣」を作ります。

ツバメのメスはそこに卵を産み暖めてヒナをふ化させますが、その間は当然「巣」から出られません。

そこで夫であるオスがメスのエサや巣の修復など、外出してせっせと働きに出ます。

ここからツバメの恐るべき生態がはじまります。

夫が外出し、ひとりで巣にいる妻のもとに、別の独身な「オス」のツバメがナンパに訪れるのです。

しかし巣にいるメスは「人妻」。

そんなナンパをおいそれと受け入れる訳はありません。

しかし

ある一定の条件を満たした独身ツバメとだけは

禁断の関係を持ってしまうのです。

その条件とは

オスツバメの尾の長さ

ツバメのオスにはメスより長い「尾」があります。

f:id:nojobmamaru:20160729123804j:plain

http://edorune.blog.fc2.com/blog-entry-33.html?sp

なんとツバメのメスは、

  • 独身ツバメの尾が自分の旦那より短い→フルシカト
  • 独身ツバメの尾が自分の旦那より長い→禁断の関係

という実に興味深い選択をしていたのです。

ツバメのオスはその尾の長さで生命力が変わると言われています。

尾が長ければ長いほど、そのオスの生命力は強い

つまりツバメのメスは自分の子孫により優秀なDNAを残すため、自分の旦那より優れたオスにはさっさと抱かれるということなのです。

ちなみにある研究チームがこの現象に気づき、禁断の関係後の巣の中にある卵を調べたところ、あきらかに旦那とは違うDNAの卵がいくつか混ざっていたということです。

なにも知らないのは、毎日せっせと働きに出ているオスのツバメだけでしたとさ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

人間の浮気を動物レベルまで落とし込んで考察した結果、次のような結論が導き出されました。

男→おしどりのオス→子孫繁栄の為に誰でも構わずヤリまくり

女→ツバメのメス→優秀なDNAを残す為に現パートナーより優秀なオスであれば受け入れる

つまり男の浮気の対象はなんだかんだいって「だれでもいい」訳です。

しかし女の浮気は「現状より上」の何かがあるからこそするものなんですね。

この記事を読んでる男性の皆さん、彼女や奥さんが浮気した場合、その原因は女性にあるのではなく貴方自身にあります。

ルックスなのか経済力なのか優しさなのかは分かりませんが、彼女が浮気した理由はその浮気相手にあなた以上の何かを感じたからなんでしょうね。

ので女性が浮気した場合、ほとんどの場合戻ってくる可能性はゼロに近いと思いますので、自分の努力が足りなかったと諦めましょう。

 

ええ、ええ

 

ままるも経験ありますからーー哀