グッドノージョブ

43歳無職から介護士へ。起業、転職、失業、全てを経験した「ままる」が語る「幸せな生き方」とは?

スポンサーリンク

レンタルDVDにこだわる3つの理由

ままるは映画が好き。

といっても映画館で見るのはまれで、もっぱらDVDを借りに行きます。

いまではHuluやdTVなどストリーミングサイトは山のようにあるのに、ままるはなぜ

TUTAYAやGEOにわざわざDVDを借りに行くのか。

 パッケージを選ぶ楽しさ

ままるは新作コーナーはほとんどいきません。

レンタル屋さんで1本か2本しかない旧作の中から名作を掘り出す作業がとても好き。

棚の隅の方で寂しそうにしている1本が意外と面白かったりすると楽しくてたまりません。

やはり1本ずつ手に取って眺められる、そんなアナログ的な感覚が良いです。

 

パッケージの印象が残る

不思議とパッケージの印象は心に残ります。

何年かたっても「なんとなくあんな映画あったなー」って思い出す時はパッケージがまず脳裏に甦る。

なぜかストリーミングサイトで見るパッケージは残らないんだよなぁ・・

イベントとしてのレンタル

「DVDを借りに行きたい」

と思うとはたいがい深夜で暇な時。

サンダルをひっかけて徒歩10分のレンタル屋まで。

思う存分選びに選んだDVDを片手に帰りにコンビニで鑑賞時の飲み物とつまみを買う。

こんな一連の流れすべてをひっくるめて

「DVDレンタル」を楽しんでるんだと思う。

確かに冬の寒い日や雨の日なんかはストリーミングサービスは便利だと思う。

でも

「DVDをレンタルする」

という体験を買っているままるにとっては、やっぱりストリーミングは物足りない。

これって本屋で本を選んでる時に似てるよねー。

 

最近、大手レンタルチェーンもストリーミングに押されて苦戦しているらしい。

ままるのようなカッチカチの「アナログおじさん」もまだまだいると思うので、レンタル屋さんには今後も頑張ってもらいたい。