グッドノージョブ

43歳無職から介護士へ。起業、転職、失業、全てを経験した「ままる」が語る「幸せな生き方」とは?

スポンサーリンク

中華版フレッシュネスバーガー

暑い。

夏を実感しながら近所のフレッシュネスバーガーに。

カウンターで注文して番号札を受け取り席でPCにむかう。

資料の作成に没頭して我に帰ると30分が経過。

 

頼んだハンバーガーが来ねえ。

 

僕のテーブルには番号札だけが寂しそうに立っていた。

近くを通りかかった店員に声をかけると、

 

店員の顔色が変わる。

やはり注文を忘れていたようだ。

僕には一言も発することなく、キッチンに駆け寄った彼女が発したのは間違いなく中国語だった。

どうやらキッチン内部で調理をしているのも中国人らしい。

フレッシュネスバーガーの店内にこだまする中国語。

まるで中華料理のようでじわる。

 

僕は16歳の時、飲食店のキッチンでバイトした。その後自分の店を持つ事が夢になった。

32歳の時に都内で飲食店を開いた。

飲食業に夢を持てた時代だった。

最近は飲食店で働く若い人は激減していると言う。すき家をはじめ、飲食業のブラックなイメージは払拭されることはない。

その為日本の飲食業に従事する外国人は増加の一途をたどる。

自分に夢を与えてくれた飲食業というフィールドは、時代と共にその姿を変えようとしている。一抹の寂しさを感じるままる。

 

かぼちゃバンズとフレッシュトマト。

中華版フレッシュネスバーガーの味は、あのころのままだった。